newaリフト 使い方 コツ

MENU

NEWAリフトで効果を感じるための正しい使い方♪

NEWAリフト(ニューアリフト)は、効果を感じる人がとても多く評判の高い人気美顔器です。

 

一方で、「なぜか私はそんなに効果が出ないんだけど・・・」「効果が出過ぎたのかむしろ頬がこけてげっそりしてしまった・・・」などの口コミも見かけます。

 

いろいろな美顔器を使ってみたり、それぞれの評判・口コミをリサーチしていて感じるのが、

 

「自分の肌(たるみ)の状態に適した効果的な使い方をすることの重要性」。

 

せっかく口コミなどで評価の高い美顔器を使っても、使い方を間違えれば効果が出にくくなってしまうのです。それでは高い買い物が本当にもったいないですよね。

 

ここでは、ほうれい線、目元、あご・フェイスラインのたるみを効果的に消すためのNEWAリフト(ニューアリフト)の正しい使い方のコツを解説します。

ほうれい線はタイプ別にケア!NEWAリフト(ニューアリフト)の正しい使い方

「ほうれい線」と一口に言っても、実はいくつかタイプがあり、それぞれに適したトリートメント方法があります。

 

まずは、以下の画像を参考に、A・B・Cのどの場合に自分のほうれい線が薄くなるか鏡で確認してみてください。

 

 

A:頬をこめかみ方向に引き上げるとほうれい線が薄くなる場合

頬をこめかみ方向に斜めに引き上げるとほうれい線が薄くなるタイプの方。

 

この場合は、NEWAリフト(ニューアリフト)を動かす際もほうれい線からこめかみ周辺までにかけて重点的にくるくると動かしながら使います。

 

ほうれい線のケアなのにこめかみまで?という気もしますが、顔のお肉は上から繋がっているのでこれは実はとても理にかなっているんですね。

 

B:頬を耳の方向に水平にひっぱるとほうれい線が薄くなる場合

頬を耳の方向に向かって水平にひっぱったらほうれい線が薄くなったタイプの方。

 

この場合は、ほうれい線から斜め上というよりは水平に耳に向かってくるくるとNEWAリフトを動かして使いましょう。

 

もみあげの髪が気になって耳の前は少々おろそかになりがちですが、だいぶ意識しながら耳の前まできちんとNEWAリフト(ニューアリフト)を当てると良いですよ。

 

C:ほうれい線の上のふくらみ(頬)を指で押すとほうれい線が薄くなる場合

ほうれい線の上のふくらみ(頬)の中心を指で押すとほうれい線が薄くなったタイプの方。

 

この場合は、そのふくらみそのものを重点的に、頬骨の周りをじっくりくるくるとNEWAリフト(ニューアリフト)を動かしながらトリートメントします。

 

ふくらみが作っている影(ほうれい線)が、NEWAリフト(ニューアリフト)のトリートメントでふくらみが引き締まることで薄くなっていくイメージですね。

 

ほうれい線のトリートメント方法を動画で♪

NEWAリフト(ニューアリフト)でほうれい線をトリートメントする正しい使い方を動画で学んでおきましょう♪

 

 

目元のたるみはこめかみまでしっかりと!NEWAリフト(ニューアリフト)の正しい使い方

目元のたるみは、つい目の下ばかりトリートメントしたくなってしまいますが、ほうれい線のケア同様に目の下からこめかみ、髪の生え際、耳元あたりまできちんとNEWAリフト(ニューアリフト)を当ててあげるとより効果が感じやすいでしょう。

 

なお、目のすぐ下などのアイホール内には当てることはできないので、目のすぐ下が気になる場合は肌を軽く引っ張って、NEWAリフト(ニューアリフト)が当たる部分がアイホールにかからないようにしながらトリートメントするようにしてください。

 

目元のケア方法を動画で♪

目元をNEWA(ニューアリフト)リフトで正しくトリートメントする使い方を動画で学んでおきましょう♪

 

 

二重あご・フェイスラインは少し上向きで♪NEWAリフト(ニューアリフト)の正しい使い方

あご下のたるみをケアする場合は、画像のように少し上を向いてあご下を伸ばしながらNEWAリフト(ニューアリフト)を当てるようにします。

 

また、あご下だけでなく、耳の下までしっかり当てて、温かくなるのを感じるようにしてください。

 

これもほうれい線のケアと同様ですね。皮膚は全てつながっているので、気になる部分だけでなくその上の方にかけても引き締めていくと良いのです◎

 

二重あご・フェイスラインのケア方法を動画で♪

あご下でのNEWAリフト(ニューアリフト)の効果的な使い方を動画で学んでおきましょう♪

 

 

こんな使い方していいの?!NEWAリフト(ニューアリフト)の意外な使い方

NEWAリフト(ニューアリフト)はイスラエルの会社が作った美顔器ですが、日本では日本人の肌に合わせて作られた専用ジェルや、日本人の肌に無理のない使い方が取扱説明書でも指定されています。

 

が、本家のイスラエルでは、日本で指定されている使い方よりもかなりハード(?)な使い方が設定されています。

 

日本の研究熱心な方は、このイスラエルの方法でトリートメントしている方もいるようで、ご参考としてここでもその方法をご紹介します(画像はイスラエル版の使用説明書からお借りしました)。

顔のパーツは6分割

NEWAリフト(ニューアリフト)の日本の使い方は、両頬+あご下の3パーツに分けて使うことになっています(ネックケアもする場合はここに首元も加わります)。

 

が、イスラエルではそれぞれのパーツをさらに2分割して、合計6パーツをケアするとされています。

それぞれのパーツに4分のトリートメントで合計24分

そして、トリートメント時間は日本と同様に各パーツ4分。なので合計24分のトリートメント時間になります。

ケアは週に5日

さらに、NEWAリフト(ニューアリフト)の日本の使い方では2日に1回(1週間に3回前後)と使用頻度が制限されていますが、イスラエルの使い方では1週間に5回トリートメントすることとされています。

 

口コミを見てみると、イスラエルの使い方の方が効果を早く感じられているようではあります。より強い温熱刺激を与えることで、効果の感じ方もそれだけ早まるのかもしれません。

 

が、日本のビューテリジェンスによって指定されている使い方ではありませんので、何か問題が起こってもビューテリジェンスに助けを求めることはできません。

 

そもそも、日本人(アジア人)の皮膚は、欧米人の皮膚よりも薄いという話もあります。なので、イスラエル方式の使い方ではやはり刺激が強すぎてしまう可能性は十分考えられますね。

 

ここではご参考ということで記載してはいますが、このイスラエルの使用方法は参考情報とし、試す場合はあくまで自己責任で試すようにしてくださいね。

正しい使い方を守ってNEWAリフトの効果を存分にゲット♪

以上、NEWAリフトできちんと効果を感じるための正しい使い方をまとめてご紹介しました。

 

たるみ対策が家庭でできる美顔器としては現在最も評判の高い美顔器とも言われるNEWAリフト。

 

正しく使ってたるみのない若々しいお顔を作っていきましょう♪

 

 

 

 

 

では、NEWAリフト(ニューアリフト)で管理人のほうれい線やたるみはどうなったのか?

 

管理人は、日本の使い方でも充分に効果を感じることができていますよ。

 

気になる効果のビフォー・アフターを画像付きでご紹介しています。あわせて参考にされてみてください♪

 

NEWAリフト(ニューアリフト)の効果で管理人の顔がこんなにすっきり?!