newaリフト 効果

MENU

newaリフト(ニューアリフト)のビフォーアフターをご紹介します♪

 

 

newaリフトの効果をビフォーアフターの画像でご紹介!

 

管理人のたるんだ口元(マリオネットライン、ほうれい線)やフェイスラインがどう変わったのか?なかなか劇的でしたよ♪

 

(なお、管理人が使ったのはリニューアル前のnewaリフトです。リニューアル後の新生newaリフトも、使い方や効果は変わらないので心配要りません。)

 

>>NEWAリフト公式サイト

管理人の悩みは口周りのたるみ

これが、管理人の口元のたるみです。

ほうれい線が長く深くなってきて、マリオネットラインもできてきています。そして、これらの線が口の横(下)にうっすらと影(たるみ)を作っています。

 

newaリフトの得意分野だと思うので、これらが薄くなることを期待します!

正しい使い方:頬全体をくるくると!

ほうれい線やマリオネットラインなどのたるみ(しわ)は、シワの部分だけをトリートメントしてもあまり意味がありません。

 

というのは、これらの線は、上から頬肉が落ちてきて下に溜まった結果、余分なお肉が影を作ることでできる線だからです。

 

なので、トリートメントはほうれい線などの線の上というよりも、頬全体にあてることで全体を引き締めるようにトリートメントした方が効果的です。
 ←これくらい全体的に。

 

ちなみに、ほうれい線も、タイプによって効率的なケア方法があります。

 

下の画像のA〜Cの方法を試してみてください。一番自分のほうれい線が消えたのは、A〜Cのどの方法でしたか?それに対応したケア方法でnewaリフトをあてていくと、さらに効果的にほうれい線を消していくことができます。

 

 

私の場合はAが一番ほうれい線やマリオネットラインを薄くしてくれるように見えたので、ほうれい線からこめかみにかけて特に重点的にケアするようにしています。

 

ただ、目の近くはお肉が薄いからなのか熱が伝わりやすいらしく、お肉が厚い部分に比べて「あつっ!」となりやすいので、くるくると動かすスピードや大きさで温度を調節するようにしています(細かく素早く動かす方が熱を感じやすいので)。

newaリフト1回のケアでここまで変わる

では、newaリフトの1回目のケアでどこまで変わったのか画像で見てみましょう。

 

まず、フェイスラインから。

NEWAリフトによるケア前の状態

 


NEWAリフトによるケア1回目の後

 

そして、口元の変化がこちら。

NEWAリフトによるケア前

 


NEWAリフトによるケア1回目の後

 

あごから頬にかけて小さくなり、ほうれい線が薄くなって、マリオネットラインがはっきりしていた口元もかなりスッキリしたのが分かると思います(かなりうれしい)。口の下あたりのおかしなふくらみもかなり平らになっていますよね。

 

顔って本当に変わるんだ!と1回のケアで実感できたのがとてもうれしい体験となりました♪

効果を定着させるには継続が大事⇒1か月後〜3か月後も見てね

newaリフトは1日おきにしか使えません。そしてやっぱりしばらくは、次の日には元通りになります。なので、効果が見えてテンションが上がるのは、ケアをした後しばらくだけ。

 

口コミでも皆さんそう感じているようで、何かしらよそ行きのイベントがあるときにあわせてスケジュールするようにしておくと、すっきりした顔を自慢できると実際思いました。

 

効果が定着してくるには1カ月くらいは使い続けないといけないようですが、管理人の1か月後〜3か月後がどうなったのか?は、次のページでご紹介しています♪

 

でも、結果だけここでちょこっとご紹介すると・・・

口周りやあご周りがずいぶんすっきりしましたよね♪

 

このあたりを↓↓↓でもう少し詳しくレポートしています。
>>【次ページ】newaリフト1か月後〜3か月後の管理人のたるみはこうなりました☆

 

 

\リニューアル後の新生newaリフト情報もこちら/